スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の京都

帰省ラッシュの間隙をぬって京都に出かけた。目玉は、鞍馬の温泉と「ぼたん鍋」である。雪が降る鞍馬山を背景にした露天風呂は、人も少なくゆっくり楽しんだ。目の前に迫る鞍馬山に圧倒される。

「ぼたん鍋」はたぶん初めて。白みそ仕立てで思ったよりあっさりいただけた。しかし、サービスしてくれた袴姿の若い男の子の、手際が悪いこと、悪いこと。料理の知識もなければ、機転も利かず、がっかり。袴姿がなくよ。

夫が楽しみにしていた「河井寛次郎記念館」は年末休館だった。残念。清水寺を散策した後、東大路通りを北上し、新年の準備に追われる八坂神社で早めの「初詣」をすませる。この時の気温は5℃。寒い。

関ヶ原付近で徐行運転がされていた「のぞみ号」だったが、定刻に到着。帰りは、窓の景色にずっと心を奪われていた。山々の冬景色も素敵だったが、何といっても、浜名湖を過ぎたあたりから遠く見える「アクトタワー」が近づき、その真下を猛スピードで通り過ぎてゆく「スピード感」にうっとり。「のぞみ号」って早いのねぇ。

一日目のお昼は、「晦庵河道屋」でお蕎麦を食べた。注文してすぐ出てくる蕎麦は、ゆで蕎麦を温めただけのようだった。ふーーん。ビールのおつまみにたのんだ「しんじょ」は、かまぼことも白はんぺんとも違うおもしろいもの。これはなかなかおいしかった。「鴨なんば」は鴨ではなく、どう味わっても、とり肉だったような、、、。夫は「にしん蕎麦」を。その後、錦市場を歩いて、ちょっとした観光客気分を味わう。ホテル横の京都市役所は、私が学生時代を過ごした20数年前の姿そのままだった。「センチメンタル・ジャーニー」とまではいかなかったけれど、10数年ぶりの京都は、大きく変わってびっくりさせられた。そのうち、昔の姿のままでひっそりと残っているのは「歴史的建造物」だけになってしまうのかしら、、。

道中は、森絵都『つきのふね』(角川文庫)を読んですごす。途中から森絵都の作品ではなく、誰かほかの人、たとえば、重松清などが書く作品を読んで着るような気分になった。

コメントの投稿

非公開コメント

センチメンタル・ジャーニー

突然に過去の記事にコメントする事をお許しください。
京都という懐かしい文字を見て、こちらに来てしまいました。
私も20数年前は、京都で学生時代を過ごしました。

ぼたん鍋を鞍馬山で召しあがるなんて、最高ですね☆
深々とした風景と温かい鍋料理、人生の幸を感じます。

わしこ様のブログを読ませて頂く内に、私の専門とは違いますが、
児童文学の広さ、大きさ、深さに大変興味が湧きました。
初志貫徹・継続は力なりという言葉が真実の重みとして
私の心に響いています。

タイトル

ふうせんさま:コメントありがとうございます。鞍馬の雪景色を思いだしました。5年経ちました。

初志をもう一度じっくりふり返ります。ありがとうございました。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。