スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本『Wolves』

あすかさんのブログで紹介されていた Wolves がアマゾンより届いた。何とも不思議で、斬新な絵本。絵本の中にさらに同じ絵本が出現し(著者名だけがちょっと違う)、物語が展開されてゆく。

Masrer G Rabbit 氏が図書館から借りだした本はWolves であった。その時点で、読者である私たちは、ラビット氏が借り出した「絵本の中の絵本」に入ってゆくことになる。「おおかみ」についての絵本に熱中しているラビット氏は、そうとは知らず、おおかみの太い足元を通り、尻尾をのぼり、気がついたときには、、、。ラビット氏が読んでいた Wolves の赤い表紙は、おおかみの鋭いかぎ爪のようなものでひっかいた跡がある。ということは、、、。

そしてつぎのページには、いままでの物語を覆すような作者からのメッセージと、もう一つの結末が提示される。ここには明快なメタ・フィクション性がうかがえる。

しかし、最後の最後で、読者はまた混乱させられることになる。ラビット氏の家には、図書館より「図書返却のお願いと遅延金のお知らせ」が届いているのである(封筒と手紙は本物が使われている)。ラビット氏はどうしたのか? 絵本は? 私たちに結末を迫る「オープン・エンド」の結末をむかえる。

細かな部分も工夫が施され(たとえば、図書館からの手紙にある図書館長のサインは、まるでウサギのよう)、絵本のメディアを十分に意識して作られた、おしゃれで斬新な絵本。

さっそく授業で紹介したが、学生にもとても好評だった。 

コメントの投稿

非公開コメント

絵本『Wolves』

わしこさま:
コメント、TB、どうもありがとうございました。
うさぎさんのその後を想像させられるオープン・エンドは広がりがあり、いつの間にか自分もお話の中に身を置いているという感じです。
作者は17歳で学校を中退し、放浪の旅を続けたという、かなりユニークな人生経験を持つ人だそう。
このデビュー作は明らかにセンセーションを巻き起こしたと思いますし、アーティストには破天荒な生き方が必要なのかなとも。
いずれにしても、喜んでいただけてとてもうれしく思います。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。