スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタジーとSF

学生からのおすすめ本、ティプトリーの『たったひとつの冴えたやりかた』を興味深く読んだ。ファンタジーは好きだが、SFはあまり読んでこなかった。何故なのか? この作品を読みながら思い当たることがあった。まずは、SFのメタリック感、つまり金属的感覚や計算し尽くされた清潔感や規則性が苦手なのである。さらに、広大な宇宙を舞台にしたスケール感、宇宙物理学的な世界が想像力の限界を超えてしまうのが辛いと感じた。そういえば、松本祐子の<未散と魔法の花>シリーズに出てくる「庭」は非常に金属的で違和感を持ったことを思い出した。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。