スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ続く葉室麟

我が家の葉室麟ブームはまだまだ続いているが、続けて読むとエピソードが混乱してしまうので、インターバルを入れるようにしている。個人的には武家物より芸術家を扱った作品が好みである。また、葉室には、漢書ばかりか漢詩の素養もかなりあるようで、さまざまに引用されているのも啓発される。

先日借りた本には、人間関係図のメモ書きが挟まっていた。その気持ちよくわかる。相関図も欲しいが、成長するにつれて名前が変わり、時々「?」となって前に戻ることもしばしばだ(○○(忘れた)→権之丞→神右衛門、『いのちなりけり』より)。名前の読みを忘れたときも前に戻る。単行本では、章が変わるたびごとにルビ(ふりがな)をつけ直してある親切な作りがされているものがあるが、文庫本では、一回しかついていないものが普通だ。ストレスがたまる、なんとかして欲しい。

T島屋で京都産の実山椒を見つけて、昆布の佃煮をつくった。おいしい。写真は撮ったが、色が単調なので掲載は諦めた。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。