スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひみつの王国:評伝 石井桃子』

2013年『新潮 一月号』(「石井桃子と戦争」)に掲載されてから、ずっと待っていた、この「評伝」の全貌が現れた。二日がかりでほとんど一気に読んだ。しかし、感想はまだ言語化できない。いまは、『幻の朱い実』を再読中(「再」読とは便宜上のこと。実際はもっと読んでるはず)。さらに、ミルンの自伝も読むべきだし、石井桃子の日本語を吟味しなくてはという気持ちに、せかされる。それは、この著作より少し前に出た、『なぜ石井桃子の翻訳は…』を相対化させるからだ。

ありがとう。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。