スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさのあつこ『小練柿』は

あさのあつこの『小練柿』を読んだ。<弥勒の月>シリーズの第3作めにあたる。『弥勒の月』『夜叉桜』も読んでいるはずなのに、記憶にない。というより、読みにくかったのである。読みにくさはたぶん文体から発しているのだと思う。登場人物の独白と思わせて、作者が顔を出してくる心理描写のようなものは、相変わらず気になる。設定にも無理があるのも心から楽しめない。でも、北定町廻り同心の木暮信次郎と遠野屋の主人が気になる。

しかし、「童丱」(どうかん)をはじめとして、ときどき、あれ? と思われるような難字を使っているのはどういう訳なのだろう。私は、作品タイトルの「小練柿」とあわせて『日本国語大辞典』を引いてしまった。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。