スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学3年男子VSわしこ

庄内町のA小学校では、1年生、2年生、3年生、6年生とお話を楽しんだり、読書や文学に関する授業をした。ここへは2年ぶり、3回目の訪問であった(昨年は私のスケジュールと運動会が被ってしまったのだ)。ということは、前回1年生だった子どもたちは、3年生になったわけだ。司書教諭の先生が、「1年生の時に絵本を読んでもらったんだよ」と話してもあまり反応がなかったのに、そういえばと、私が、その時には『うえきばちです』(川端誠/BL出版)を読んだことをはなすと、あちこちから「覚えてるー」というざわめきが聞こえてきた。確かにあの時は、子どもたちの反応もよく、ノリノリだった。「顔は忘れたけど、絵本は覚えてるー!」という子どもたちもいた。そうだよね。

というわけで、3年生には少し長いがこんなお話も楽しんで欲しいという思いで、「三人の旅人」、そして、ちょっと息抜きに『ありがたいこってす』、最後には、福島弁で「団十郎閻魔」を語った。このプログラムには、一貫性はないのが残念であり、今後の研究課題である(一貫性を追求するあまり、似たようなお話だけでもつまらないし、プログラムの構成は難しい)。先生は、まだ3年生だから「叙情的なお話は苦手」とおっしゃっていらしたが、シンと聴きいる子どもたちは美しかった。

挨拶をして、最後に子どもたちが退出をするとき、視線を交わした男の子に「どれが好き?」と聞いたら、「全部!」と笑ってこたえてくれた。そして、なんと彼は腕を上げたのである。そう、私は、小学校3年生の男の子と、「ハイ・ファイブ(日本語ではなぜかハイタッチという)」をしたのだ。それをきっかけに、周りにいた男の子数人とハイ・ファイブをして別れた。

今回の「お話旅」はこれが一番印象に残っているかな。フツーのおばさんが見知らぬ小学生と「ハイ・ファイブ」をするなど、大げさに言えば「奇跡に近い」出来事である。トムとバーソロミューおばさんの抱擁の如く…。それを可能にしたのが、「お話」であることに感動した。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。