スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kim

現代イギリスの児童文学作家の伝記や自伝を読むと、子どものころ読んだ作家、影響を受けた作家として必ず出てくる人がいる。ラドヤード・キプリングである。しかし、この人の英語は、なかなか読みにくく、背景も複雑で、なんとかしなくてはいけないと思いつつ、手が出せないでいた。幸い、イギリス小説を専門としているHさんの助けを得て、Kim を読もうということになった。

昨日は、時代背景や地理関係などを確認しながら、ようやく、3ページ弱進むことができたのだが、彼女の助けがなかったら、早々に放棄していたかもしれないほどの読みにくさであった。孤児のキムが、こづかい稼ぎに「使い走り」している場面などは、お手上げだった。ありがとうHさん。ぼちぼち、息の長い勉強ができたらいいなあ、と思っている。

<メニュー>
●サーモン・シュリンプサラダ
●里芋といかの煮物
●つみれ鍋(自家製みそ味、つみれも生姜をたっぷり入れた自家製)
●ハーフ&ハーフ、黒糖焼酎
●紅茶(ノエル・ブラン)、Sさん持参のケーキ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。