スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「長い名前の子ども」続き

外国には「長い名前の子ども」の昔話はないのだろうかと、googleで検索してみた。すると、アッシュリマン博士のサイトに中国の昔話が再話されていた。タイトルは「チキチキテンボ」。

むかし、中国に二人の兄弟がいた。一人はサムといい、もう一人は「チキチキテンボのサリンボー ハリカリブシュキー ペリペムドー ハイカイポムポム ミッキのミーノドムバラコ」といった。

ある時、二人が庭の井戸で遊んでいると、サムが井戸に落ちてしまう。チキチキテンボは急いで、「たいへんだ、サムが井戸に落ちた!」と母さんに知らせに行き、母さんはサムと一緒に、「たいへんだ、サムが井戸に落ちた!」父さんに知らせに行き、父さんは、母さんとサムと一緒に、「たいへんだ、サムが井戸に落ちた!」と庭師に知らせに行った。庭師は急いで、はしごを持ってきて、井戸に落ちたサムを救いだした。

ある時、また、二人が井戸のそばで遊んでいると、今度はチキチキテンボが井戸に落ちてしまう。サムは急いで、「たいへんだ、チキチキテンボのサリンボー ハリカリブシュキー ペリペムドー ハイカイポムポム ミッキのミーノドムバラコ」と母さんに知らせに行き、母さんはサムと一緒に、「たいへんだ、チキチキテンボのサリンボー・・・(中略)」と父さんに知らせに行き、父さんは、母さんとサムと一緒に、「たいへんだ・・・(中略)」と知らせに行った。庭師は、急いではしごを持ってきて「チキチキテンボ」を救おうとするが、あんまり時間がかかったので、「チキチキテンボ」は溺れてしまった。それからというもの、中国では、子どもの名前は短いものをつけるようになった、というお話し。

ヨーロッパには「ヘンな名前」のお話し(「ルンペルシュテルツヒェン」「トム・ティット・トット」)はあるが、長い名前の話はないのだろうか?

ところで、この話は、アールネ/トンプソンの分類では、「メンドリの死んだ話」型に属するそうだ(2021A)。それは、イングランドのものでは「チイチイネズミとチュウチュウネズミ」にあたる。しかし、この二つは「名前」は関わってこないのである。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。