スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なめ味噌

瀬戸内海産の「ちりめんじゃこ」をたくさん頂いたので、自家製の味噌でなめ味噌を作ることにした。私は「シラス干し」を食べる文化圏に育ったので(シラスは冷凍庫にストックあり)、ちりめんじゃこの食べ方を知らないのである。

まずは、具だくさんの味噌汁と卵焼き、大根おろしとともに、朝食に頂いた。シラスを食べ慣れているものにとっては、ちりめんじゃこはもそもそするのである。そういえばと、むかしむかしに、ちりめんを使った「なめ味噌」をいただいたことを思いだしたので、挑戦してみることにした。

これも自家製の「きざみ生姜調味料」とごま油を使って煎った「ちりめんじゃこ」と味噌と甘味(砂糖、味醂、蜂蜜)、鰹節を入れて練りこんだ。かなり甘くしても大丈夫。少々固くなってしまったが、なかなか美味しくできた。お昼には、なめ味噌でからめた牛蒡でご飯を頂いた。美味。ホントはゴマが欲しかったところである(すりごまはあるのだが…)。

さて今日は、玄米おにぎりの具にしてみよう。そういえば、運が良ければ今年も「コウナゴのクギ煮」がどこからか届くかもしれない。知人の話によれば、関西の主婦にとっては、「コウナゴのクギ煮作り」は、趣味だそうである。普通の甘辛味も美味しいが、胡桃入り、山椒入りも美味しい。待ってまーす。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。