スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積んである本など

発表会に向けてバレエのレッスンにも気合いが入ってきた。昨日は、通常レッスン、ポワント、発表会の練習で3時間もお稽古場にいた! しかし、バレエがなければ、私は「ストレス」のかたまりになっているかもしれない。お稽古中は、身体の使い方に意識を集中させ、バレエのことしか考えないから、終わったあとは、ほんとうにすっきりする。

午前中はうだうだしていたが、「鼻面が長くて運転しにくい車」「タイヤが見えなくて車庫入れにてこずっている車」のディーラーさんが駐車場での「コツ」を伝授しにきてくれた。ほんとうにお世話になりました。Fさんありがとうございます。バックでの車庫入れは、比較的得意科目だったはずなのに。しかし、Fさんには、右から顔を出して、バックする癖を注意された。前を向いて、サイドミラーを確認しながらバックする方が、ずれないし、安全であると教わった。慣れることですね。わが家の車庫が一番入れにくい。

そんなわけで、読むべき本がベッドサイドや机や食卓まわりにだんだん増殖してゆく。

●『評論入門のための高校入試国語』(石原千秋/NHK出版)読書中。入試評論文、国語教科書にこめられたイデオロギーを分析したもの。鋭い。姉妹編も面白い。小学校国語、中学校国語に言及した『国語教科書の思想』(ちくま新書)も多く示唆に富む。

●『教科書が危ない-『心のノート』と公民・歴史』 『日本が「神の国」だった時代-国民学校の教科書を読む-』ともに岩波新書。著者は入江曜子さん。石原さんの著作に刺激され購入。ぼちぼち。『教科書が危ない』は「つくる会」の『新しい公民教科書』についても言及。そういえば、杉並区(もと住人)では、「つくる会」の教科書が採択されたのだ。

そのほかに、読むべき本、読みたい本は山とある。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。