スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S先生への手紙…金子みすゞの詩

ご無沙汰しました。早くお便りをしなくてはいけないと思いつつ、「学校図書館と個人情報」のレポートを書くことを優先していました。いいわけついでに、教育出版の国語の教科書も取り寄せていたので、それで遅くなってしまいました。

まず、みすゞの詩の解釈一般についてですが、矢崎節夫氏による「伝記」のなかのみすゞ観に大きく影響を受けているのではないかと思いました。また、学校でもそのような流れの中で解釈がなされているのではないかと推測できました。教師用指導書がないので、じっさいに現場での指導の指針がどのようなものなのかはわかりませんが、「一人のやさしい詩人」(p94)、「もっと深いやさしさ」(p94)、「人のいやがることは決して言わない、やさしい少女だった」(p101)、「この地球という星に存在する全てのものに対し、深いやさしいまなざしを投げかけたものばかりです」(p102)というやさしさの大安売りの記述から、「やさしさ」をキーワードに読ませてゆくのではないかと推測されます。じっさいにはどうなんでしょう。

みすゞの詩は「全てのものに対し、深いやさしいまなざし」を投げかけている詩なのでしょうか? 村中李衣さん(教育出版の監修者でもある山口県在住の大学教員で作家)が、お嬢さんの授業参観で「私と小鳥…」を群読した時のことを書いているのですが、ちょっと引用してみます。

「娘たちの班だけが違っていた。徹頭徹尾ひとりの子が読み通したのだ。そして、他の子供達は机に顔をふせていて、一連めの『私のように』、二連めの『私のように』、そして三連めの『それから私』のところだけ、顔をあげてことばを重ねせてみせた」

教室は笑いの渦だったそうですが、彼女たちは「この詩はみんなで読まんほうがいいと思いました」「みすゞは、『私のように』『私のように』って、ずっと『自分の事』を考えているようなきがするから」「この詩はみんなで読まんほうがいいと思いました。みすゞは、『私のように』『私のように』ってずっと『自分のこと』を考えているような気がするから」「小鳥やら鈴やらの気持ちも声もきこえんから」と発言したようです。この解釈は教師によって「ユニークだね」との一言で片付けられたそうですが、一方では、このような読みを主張する研究者や教師もいるようです。

続けて村中李衣さんは、授業参観で行われた群読は、「選ばれたことばの意味内容に終始し、なぜそのことばを選ばずにはいられなかたという、みすゞ自身のこころのありようにまなざしを向けようとはしていなかったのではないか」「みすゞにとって、童謡を書くということは、『自分の存在をなんとか自分自身で意味あるものと認めていこう』とする祈りにも似た作業だったのではないかと推測される」と発言しています。

その根拠として、比べられているものはつねに「私」とであり、「私」中心の対比がつくられていることが読めるというのです。このレトリックを使い、「私は飛べはしないけれど、早く走れる」「きれいな音を出せないけれど、たくさん歌を知っている」と、よく読むと強い自我がと自己肯定が見えます。

したがって、私には、「わたし」は「みんな」につながる「わたし」ではなく、最後の「みんなちがって、みんないい」の「みんな」は「私たち人間」の「みんな」ではなく、「わたし」と「鈴」と「小鳥」を合わせた「みんな」のように思われるのです。さらに、「はやくは走れない」「たくさんなうたは知らないよ」と強い口調で突き放した感じが引っかかるのです。しかも、その強さを和らげる手段として、小鳥、鈴などのかわいい小さいものを使っているのではないかもと考えられます。このことは、私が参考にした藤本恵さんの講演録にも言及されています。また、彼女によると、「小鳥」のところを「カラス」、「鈴」のところを「鐘」と置き換えて替え歌をつくった学生がいたというエピソードもあります。こうすると、詩のイメージが大きく変わる(笑いの方向へ)ことがわかります。

また、みすゞの詩は調子がよく、よくいえば「読みやすい」「調子がよい」と言われますが、その調子の良さに流されて上っ滑りすることも気になる点です。個人的な好悪かも知れませんが「お空」と「空」に「お」をつけることも、ここだけなんだか「甘さ」を感じます。

みすゞの詩についてはこんなところでしょうか? 勝手な言い分を長々すみません。ご意見を聞かせていただけたらうれしいです。

参考論文
藤本恵。「金子みすゞ:読み物としての童謡」。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。