スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お話会のプログラム

今月26日に予定されている中学校のお話会のプログラムを調整した。絵本3冊、お話(朗読)2つの作品を決定した。お話は、自分たちが選び持ちよったものですんなり決まったが、中学生相手に絵本を選ぶのはなかなか難しい。事前に何冊か選び出しておいたものから、相方に聞いてもらって選んだ。

最近、私は「ボイス・トレーニング教室」でひさびさに斉藤隆介に触れて以来、また、作品を読み直してきた。なかでも、「三コ」「八郎」の神話的壮大さに心惹かれているので、私の「お話」は、斉藤隆介のものから選ぶことにした。そして、相方はグリムのものを使うことになった。テキストは『子どもに語るグリム童話』(こぐま社)に依拠することにしたが、1カ所、気になる描写があったので、他の版や英語版を検討して、言葉を直して使うことにした。

2つの作品を軸に、導入、転換、終了の流れをつくるものとして絵本を選んだ。今回も、英語で絵本を読むという試みをしようと考えている。

斉藤隆介に関しては、「やさしさ」「けなげさ」の押し売りにならないように、むしろ神話的で、しかも、力も名もない民衆によりそうヒロイズムを表現できたらいいなと考えている。

昨日だったか、由紀さおりが「童謡を歌い、姉と声を合わせるため」、酒焼けの声ではいけないと思い、お酒を断ったというような話をしていたような気がする。これは、見習うべきか。私はいわゆる「カワイイ声」が出せない。

コメントの投稿

非公開コメント

「かわいくない」声ならではの作品はばっちりですよ!
『八郎』・・・苦労しそうだけど、いいお話に仕上がるの期待してますね。
下読み聞いている時に『ちびっこカムのぼうけん』思い出しました。

自分の声が可愛いか、がっしりしているかどちらかであったらいいのにな~と思います。
持ち味がよく分からなくて。
とりあえず、息切れしないよう、読み慣れなければ!

Re: 声

相方さま:こめんとありがとうございます。昨日学校(世は祝日なのに私は働いてました)で、宮城県出身の方に「イントネーション」を見ていただきました。また、3.11のこともあるから「八郎」を選択することについても少し伺ってみました。とにかく練習します。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。