スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日フィル演奏会へ

シーズンがはじまり、日フィルの定期演奏会へMMホールにでかけた。児玉桃さんの弾くグリークの一番は、力強く、迫力があり、生で聴くことの醍醐味を堪能した。

シベリウスの一番は、北欧のきびしい風土を感じさせる演奏で、一楽章の出だしのクラリネットのソロには、こちらもちょっと緊張してしまった。弦楽器の刻むようなリズムで作られる音は、聴き手をどこかに誘いすような不思議な感覚を醸していた。またこの曲には、ティンパニの激しい乱打もあり、思わず前に乗りだして、見入ってしまった。

交響曲ではパーカッションの出番はきわめて少ない。シンバルやトライアングルなど、一曲に2、3回ということもある。しかし、「ここぞ」というところで登場するのだから、その緊張たるやすごいものあるのだろうと、いつも、感心して見ている。リズム感やテンポがきちんと測れていないと、パーカッショニストはつとまらないだろうな。

先日、佐渡裕さんが「スタジオパークからこんにちわ」に出演して、「ボレロ」のリズムを「パン」と「トマト」で説明し、表現していた。「ボレロ」が大好きなわたしは、さっそく「パン、トマト、パン、トマト、パン、パン・・・・」とやっているのだが、最後の「トマト」の連続三連符(?)のところでどうしても、テンポが狂ってしまう。あのリズムを狂わせることなく、最後まで「ボレロ」の小太鼓を打つ人はすごい、と思う。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。