スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主練習のスタジオでは…

バレエの自主練習は敷地内のスタジオ(スポーツ施設のスタジオでのクラスレッスンとは違う場所)で行っている。このスタジオは使用者が責任を持って管理をする(消灯、掃除、施錠、受け渡し等)ことになっている。もちろん、管理者による清掃は定期的に行われるものの、終了時にはきちんと掃除して、次の人に使ってもらうようにしてゆくのは、使用者の当然のマナーである。

しかし、金曜日はいつ行っても、数本から十数本の長い毛髪が落ちている。部屋に入るとすぐ目につくところに落ちていることがしょっちゅうある。私たちの前に使っているのは、おばさんのフラ(ダンス)集団であることも、入れ替わりがあるから解っている。2度ほど、終了時刻を過ぎても部屋を引き渡してくれなかったので、その旨を伝えたり、ゴミが落ちていた時にも「掃除をしてください」と不愉快ながらも伝えたことがある。最近は、心がけて常識的な時間に部屋を明け渡してくれるようになったが、最初の頃は、外で待っている私たちを見るや「いるいる」と大きな声で反応していたこともあった。

そのような状況から明らかに掃除をしていないだろうとにらんでいるが、彼女たちは「点検用紙」の掃除の項目にきちんとチェックを入れているらしい。鍵を管理するセンターとしてはそれ以上の声かけは難しいらしい。

掃除をしていてこのような状況であるとしたら、いったいどんな掃除をしているのだろうか。平日の昼間に練習をしているのだから、基本的に彼女たちは、それぞれの家庭の主たる家事者であると予想できる。自分の家の掃除はどうなっているんだろうかと勘ぐりたくもなる。恥ずかしい話だ。

学生も含めて他人のふるまいにたいして不愉快に感じる事ばかりが続いている今日この頃だ。そういう事態を私が招きよせているのか、そうならばどうしたらその事態から逃れることができるのか、鬱々している。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。