スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂鬱な雨

また今日も雨だ。一日中降るらしい。でかける予定にしていた昨日は、雨にめげて「キャンセル」(いや、なに、買い物ですよ)。そういう私を夫は「張り子のトラ」と呼ぶ。

このところ週末はでかけることが多かったし、授業も始まって、ばたばたしているので、家にいるのも悪くない(出不精なんです)。

で、『蝉しぐれ』を読んでいた。すでに読んでいたはずなのに、冒頭部分の、ふくがヘビに噛まれるところしか覚えていなかった。文庫カヴァーに「名状しがたい哀惜をさそわずにおかない」とあるが、月並みだけれど、「哀惜」という言葉、この作品にふさわしいと思った。

不遇時代の文四郎が、一心に剣にうちこむことで、辛うじて自分を保っている「あやうさ」や、手が届かなくなってしまった幼なじみのふくへの逡巡や思いなど、抑制された筆致で書かれていて、しみじみ味わった。海坂藩の権力抗争、立ち回りや人斬りの場面など「生臭さ」を感じさせる作品になってしまう要素が盛りこまれているのに、そうならないところに藤沢作品の好もしさがあるのだろう。

ただいま、『三屋清左衛門残日録』を読書中。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。