スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Wonderstruck』を読む

ブライアン・セルズニック原作、スコセッシ監督の映画『ヒューゴの不思議な発明』は主要なアカデミー賞を取る事ができなかったようであるが、それでも、話題になっていたから、原作『ユーゴの不思議な発明』も注目されたにちがいない。フランス語ではHを発音しないから、英語原作の本でも、フランスが舞台になると日本語に訳したときには「ユーゴ」となり、主人公の名前が作品と映画で違っているというのが気になる。しかも、アメリカ人は「ヒューゴ」と発音しているし、子どもにはややこしいことこの上ないだろうが、そんなややこしさも、「言葉」への興味へと導くこともできるのであれば、面白いことだろう。

むかし、「チャールズ(Charles)」が「シャルル」になり、「ピーター(Peter)」が「ペーター」になり「ピョートル」になることを、世界史の資料集を見ていて気がついたときのワクワクした高揚感は忘れない(世界史の授業はホントにつまらなかったが、あの資料集はながめているだけでワクワクしたものだ)。その後、「イヴ・サンローラン」が「エヴァ・セイント・ローレント」と実際に知人が発したときの驚き、ありがたみが少し減じたような気もしたのだ。基本的に原音主義を取る日本となんでも英語式に発音してしまうアメリカ(イギリスも?)と、どちらがどうなど判断できるわけもないのだが、あちらで本を探したり、人の名前を口にするときにはかなり大変だった。「ボーボワール」が「ボビエール」で、「サンクト・ペテルブルグ」が「セント・ピータースバーグ」なんだから。原音主義だからといって、正確な発音ができる訳ではないし、固有名詞は難しい。閑話休題。

セルズニックの新刊 Wonderstruck が出ていることを知り、一気に読んでしまった。これが面白いのである。前作と同様、絵と言葉で語られてゆく物語である。1977年のミネソタに住む少年ベンの物語が言葉で、1927年のニュージャージィに暮らす少女ローズの物語が絵で語られる。この二人の物語がどう結びつくかというのがメインの物語であるが、その謎も含めて重層的な物語で、読後、ボーとなってこちらに帰ってくるのが少し時間がかかった。久しぶりの感覚である。しかし、1.3㎏の本は重たかった。

コメントの投稿

非公開コメント

そうそう、星の王子様のサンテグジュペリもそうだよね(英語的な発音忘れたけど)。私は高校の時に、ビートルズのジョンがヨハネで、ポールがパウロだと気づいて驚いたのを思い出すね。

菲菲さま:お久しぶりです。そうそう、キリストの使徒を連想するのは正統的ですね。さすが「海の★」というべきか…。こういうのは、挙げればきりがありませんね。ジョージ(George)が「ゲオルグ」で「ジョルジュ」だ。なかなか「ジョージ」「George」が結びつかなくて、「ゲオルグ」とつぶやきながらスペったこともあります。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。