スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的であること

石原千秋先生(早稲田大学)は漱石研究者であるが、それ以外の著作も多くものにし、その秀れた知見には深く敬愛している。その著作の多くに触発され、共感することが多い。

期末のレポート提出が近いせいか、最近学生から「レポートに関する質問」を受けることが多い。必読図書として石原先生の『大学生の論文執筆法』(ちくま新書)を読んでいるはずなのに、残念ながら読めていない学生がいることにも気づく。もう一度授業で再読を促すために、昨日は『大学生の…』を再読した。第2部の「線を引くこと」は論文(レポート)というものがよく解っていない初年度学生にはかなりハードかもしれないが、それでも、前半の「線を引くこと」の意味だけはしっかり読みこんで欲しいと痛感した。

「線を引く」とは、ある価値観(複数)で物事(テクスト)を判断する事に通じ、それを自覚的に獲得しなければ、(自分にとって)新しい「読み」など生まれてはこない。彼らのレポートを読むと、どんな作品を読書課題にしても、「一生懸命努力すれば報われる」「自分の信念を貫くことは重要である」「相手に思いやりを持つ」など、誰に教わったのか、使い古され手垢にまみれた道徳的お題目を垂れ流していることが多い。

「テクストを読む」とは、読み手の道徳観や人間性をを問うていることではないが、どうしてこんなふうになってしまったのだろうか。一つ確実にいえることは、小学校から高校までこのように「読まされて」きて、何も疑問を持つことがなかったからであろう。というか、それでこそ「よし」とされてきたのだろう。これを突き崩すには並大抵のことではない。例えば、「昔話は勧善懲悪である」と思いこんでいる学生には、「盗っ人かか」や「のま」を読んでごらんすすめてみる。「努力すれば…」は、「神話」にすぎないことは、すでに自らの体験で十分承知のうえだろうに、しがみついているのはなぜだろう。他に拠ってたつ価値観を見いだしていないからなのか。

何とかしたいのだが、教員のできる事など極く限られている。レポートを丁寧に添削し、読書を奨めるために「ブックリスト」をつくるぐらいだ。こんな事を思い悩んでいると、虚しくなって落ちこんでしまう。しかし、思わぬところで石原先生に励まされもした。

知的でない人間は、対話や議論を拒む。「いけないことは理屈ではなく、有無を言わさずいけないとおしえなければならない、それが品格というものだ」などという人間に知性は存在しない。こういう知的でない言語が大衆受けするのは、「いけない」ことの内容を自分で勝手に代入して、現在の自分の立場を無反省に正当化できるからにほかならない。これが大衆の保守化である。平成大不況の中で疲れ果て、知的に考えることが面倒になってしまったのだろう。しかし、何度でも繰り返すが。そこに知性はない。(石原千秋。『大学生の論文執筆法』、ちくま新書。pp135-136)

ああ、そうなのねとしみじみ納得した。知的な学生を育てるために何をすべきなのか。「知的でない人びと」のモデルの方がたやすく見いだされるこの状況を認識することから始めなければならないのだろうか。「知的であること」を内面化しているだけでは、ことは解決しないのだということは了解した。

コメントの投稿

非公開コメント

拙著をお読みくださって、ありがとうございます。
たしかに、大学1年生を教えていて困るのは、様々な読みが入り乱れることではなく、みんな同じ読み方しかできないことです。「小説を読むことは、喧嘩の仲裁ではない」というところからはじめなければなりません。悩みは同じようです。

大変興味深く読みました。
「いけないことは理屈ではなく、有無を言わさずいけないとおしえなければならない」
これは教えることではなく、単に押し付けることでは?
体罰の匂いがします。
確かに、いけないことは「だめ」と言わなければなりません。
でも、そこには相手にその理由を説明できる知性が必要だと思います。
理屈が必要なのです。
理屈を言語化できないのは知性が欠けていることの表れでしょう。
そもそもなぜいけないのか、禁止する側が分かっていないことになるからです。
おしえられる側にも「なぜいけないのか?」と尋ねる知性がありますもの。


びっくりしました!

千秋楽さま:コメントありがとうございます。本人さまからコメントをいただけるなんて思いもよらずびっくりしました。このような弱小ブログにまで目を通して頂き、ありがとうございました。また、新しい御著書楽しみにしています。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。