スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チョコレート工場の秘密』

『チョコレート工場の秘密』とCharlie and the Chocolate Factory 読了。すでに、原書は読んでいたのだが、翻訳を検討するために再読。ダールの英語はリズミカルで、声に出して読みたくなる文章だ。ウンパ・ルンパ人たちが歌う歌以外のところでも、言葉遊びが満載である。そして、何よりもダールの毒の効いたユーモアが楽しい作品だ。

柳瀬尚樹の翻訳が評判が悪い。アマゾンのカスタマー・レビューにも批判的な意見がよせられている。登場人物の名前に意味を加えたこととか、彼があとがきに書いた「前翻訳者への批判」に拒否反応を示している読者がいる。かなり刺激的な表現だったので、いったいどんなことが書いてあるのだろうと、ちょっと意識してあとがきも読んだ。

「あの訳書では、名前が面白くもなんともない。はたして訳者がわかっていたのかどうか、、、。」(あとがきより。p264)

ダールの「チョコレート色」のユーモアに触発されて、ちょっと口がすべった感じではあるが、名前の翻訳についての彼の姿勢や名前の翻訳は、至極まっとうである。拒否反応を起こしている人は、柳瀬氏の文体に「慣じみにくい」からではないだろうか。全体の翻訳も、(私ごときが批評するのもおこがましいが)調子がよくて、工夫が凝らされて、よくできている。作品の真髄をきちんと捉えた翻訳であると思う。さすが、『フィネガンズ・ウェイク』をお訳しなっただけのことはあると、私には思われた。ただし、一カ所 ? と感じたところがあって、惜しい。

田村隆一版『チョコレート工場の秘密』は図書館にいかないと、ないだろうな。これを読んでから、日本語訳についてはもう一度考えたい。

それよりも、なによりも、こうして古典的な子どもの文学が、次々映画化されることの方が、私には気になる。ダールの場合はどうかは知らないが(ダールが評論社から新装版で出版されたことと映画化の時期の問題)、映画化されると作品の裾野が広がり、読者ががぜん増える。これは、もちろん喜ばしいことである。しかし、その後、子どもたちと作品との出会いに変化が起こるのではないかと思う。活字からではなく「映像」から先に、作品を知る子どもたちが圧倒的になるだろうと予測される。いや、映画だけで「知ってるつもり」になってしまうかもしれない。「白雪姫」の白雪姫の蘇生について、本来のグリム版を知っている学生は、だいたい一割程度である(ここ数年、毎年学生にきいている)。「白雪姫」は「王子のキス」で目覚めると思っている学生がほとんどだ。

どんなにつたなくても、自前の想像力をつかって作品を楽しむことのよろこびが、奪われてしまうのではないかと、私は危惧している。来年3月には、<ナルニア国物語>が公開される。いまから期待がよせられているようだし、私自身も興味がある。しかし、どれほど良くできていようと、どれほど映像作品としてすぐれていようと、作品世界を構築することにおいては、映画は受動的だ。

コメントの投稿

非公開コメント

映画を見ちゃった。。。

週末に、子ども達と一緒に、映画を見てきたばかりです。極彩色の工場は、不思議な美しさと滑稽さを浮き彫りにしていて、映像ならではの世界を堪能してきました。

残念ながら、『チョコレート工場の秘密』はまだ読んでいません。先月までは、図書館には何冊も置いてあったのに・・・。今は、予約が殺到している状況みたいです。この作品の普及によって、ロアルド・ダールの他の作品も多くの人が手にとるようになるといいのに。と思って調べたら、続編と言われている『ガラスのエレベーター宇宙にとびだす 』という作品さえも、半数位しか貸し出しされていない状況でした。どうやら人気は『チョコレート工場の秘密』にだけ集約しているようで、ちょっと残念・・・。

確かに、最近は古典的な文学作品の映画化が流行しているようですね。古典ではないけど、この流行の口火を切ったのは、やはり『ハリー・ポッター』シリーズなのでしょうか。古きよき文学作品が、映像化されることによって、歪曲されて記憶に残ってしまうのには、非常な危機感を覚えてしまいますが、映画を見たことががきっかけになって読書意欲が向上するというのも事実なので、多くの子ども達が、これをきっかけに読書の喜びを見つけられれば良いのだけど・・・と願わずにはいられません。

ラムさん、コメントありがとうございました。映画の方を先にごらんになったのですね。作品をお読みになりましたら、是非感想をお聞かせください。

私自身は、あまり映画は見ません。「デブショウ」なのです。ゆけば、楽しいと思いますが、、。「蝉しぐれ」はきっといきます。敵が楽しみにしているので。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。