スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新訳『小公女』

高楼方子訳の『小公女』が福音館の古典童話シリーズで出版されたことを知り、早速購入することに決めた。図書カードを使いたくて横浜駅にあるY隣堂書店で探すが見つからない(たまプラーザでも探せばよかったかも)。最近の児童書売り場は、絵本の棚こそ充実感があるが、あとは学習参考書、月刊誌、売れ筋のシリーズ物ばかりで、どの書店に行っても金太郎飴的な棚揃えで、結局ネット書店で購入することになる。

しかも売れないからか、売り場は解りにくいところに追いやられている。目的は達せられなかったが、『ひともじえほん』を見つけたので、何かのためにとさらに2冊購入した。図書カードなどもらってしまうと、ついつい気が大きくなって鷹揚な本の買い方をしてしまう。これはいけない。先日も津村節子の『紅梅』と『刑務所図書館の人びと』を即買いしてしまった。『刑務所…』は敵のところにあり、私は未読(しかし、金原瑞人氏は山のように翻訳しているなぁ)。とはいうものの、書店での「鷹揚買い」は、図書カード残高がほぼ底をついてきたので、そろそろ終了だ。

このところ、立て続けに津村節子を数冊読んだ。『土恋』は通勤途中に読了したので、文庫本とはいえ帰りの重さが気になった。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。