スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書に関する本

5月、6月と脇明子さん(『読む力は生きる力』『物語が生きる力を育てる』の著者)が関わる読書に関する本がでた。『子どもの育ちを支える絵本』と『自分を育てる読書のために』(ともに岩波書店刊)である。期待が大きすぎたのか、読後、「”自分を育てる”ことへのさらなる深い考察が欲しい」という若干の不満が残った。しかし、中学校の学校司書が、思春期真っ盛りの子どもとどう結びあって、本を手渡すのかという点が具体的に丁寧に報告されているまれな著作であり、多くの学校図書館員の力になる本だろうと思う。

『自分を育てる読書のために』は、気鋭の学校司書の奮闘記ともいえる。著者の小幡章子さんは、思春期の子どもたちに「何よりも大切なのは本についての知識でもなければ、紹介のテクニックでもなく、子どもたちとのあいだに信頼関係を築くことなんだ」(p22)とおっしゃっているが、まさに、彼女は、一人一人の子どもに「ぴったりの本」を見つけるために苦労し、そこからよろこびを作りだしていることが窺えた。

小幡さんの取り組みで興味深いのは、子どもたちに本を手渡そうとたいそう努力しているのだが、それは、「読書」を目的にしているのではないということである。いや、もちろん「読書」なのであるが、それは、ある子どもにとって大切な1冊の本を見いだし、その1冊と丁寧に向きあう「プロセスとしての時間を過ごす読書」を奨励しているのである。これが「自分を育てる」ことに通じるのかもしれない。多読や速読を称揚しているのではない。

そのために彼女は、子どもの名前を覚え(双子の少年の名前を覚えられなかったエピソードは痛い)、好みを知り、読書歴を鑑み、その上で、お勧め図書を2、3冊用意する。そして、そこで終わってしまわないのが彼女のすごいところである。彼女は、ことあるごとに機会を見つけては、その子が1冊の本を読了できるようなサポートを惜しまない。読んだところまで一緒にあらすじをふり返ったり、登場人物の名前を確認したり、挫折しかけている子どもには、「まずここまで読んでご覧」と付箋をつけたり、さまざまな方法を見つけだしている。「信頼関係」ができていなければ、中学生には「うざい」と逃げられるだろう。

これは、学校司書しかできない仕事であり、たいへんなエネルギーを要するであろうが、子どもに本を手渡す上で、とても重要な仕事である。これが可能なのは、この中学校に学校司書が常駐していたからであると思う。そういえば、米原万里さんも、かつて学んだチェコの小学校の図書館で、読んだ本のあらすじや感想を口頭でしゃべることを学校司書に要請され、それが大きな力になったとお書きになっていた。「読書」とは個人的な行為であるが、このように司書とわかちあい、同じ本を読んだ人と作品について話しをすることで、自分の読書が深まって、その行為が自分を育ててゆく力にもなってゆくのだろう。

小幡さんが、「ぴったりの本」を見つけ出すことに真摯であるのは、彼女の選ぶ本を見てもよく解る。『ゆうかんな女の子ラモーナ』、『小さな山神スズナ姫』から『影との戦い』まで多岐にわたっている。中学生だから「この本を読むべき」という自主規制も課題意識もない、大胆でのびやかな選書である。「読むべき本」ではなく、「じっくり丁寧に読み堪能して欲しい質の高い本」を選んでいるというべきか。子ども任せにして、「欲望を満たす本」「読みやすい本」を許容するのではなく、責任あるおとなとして自信と愛を持って本を手渡す司書の姿は美しい。

鶴岡の五十嵐さんの読書に関わるすぐれた仕事が、いま、ここにきて小幡さんとつながり線になったことを実感した。★★子教の信者のみな様方に読んでいただいて、もう一度学校司書の役割を考えていただきたい著作であると思う。しかし、読書に特化した著作であるから致し方ないと思うのだが、教育の場である学校図書館の姿や、やはり子どもたちの学びや、育ちに尽くしているであろう司書教諭をはじめとする教員の姿が見えなかったことは残念である。



コメントの投稿

非公開コメント

子供の本のこと

こんにちは。
以前,一度コメントをさせていただいたことがあります。
つい先日,児童文学評論家のAさんの,これは図書館ボランティアの
研修会ではあったのですが,お話を聞いて,どういったらいいのか分からない,
何とも言えない気持ちで家に帰ってきました。
話を聞いていると,結局,今の子供が自分から読まない本,携帯が出てこない
ような「古い時代の」本は図書館には置かないということになってしまうのか,
というふうに感じられたのです。
小幡さんのような学校司書さんがどの学校にもいて,子供たちにきちんと
本を手渡してくれるといいと,つくづく思います。
私は司書ではありませんが,この本も読んでみたいと思いました。
以前,脇さんの岡山の勉強会にも参加していたので。
(今は転居して行けなくなりました。)

あの人

natumeさま:コメントありがとうございます。あの人(本でしか知りませんが)の発言は問題が多いですね。

絵本や物語を楽しむのは子どもたちですが、絵本や物語を正当に評価するのはおとなの役割であると思っています。「子どもがよろこぶ」本は尊重したいですが、「子どもがよろこぶ」ことを錦の御旗にしないように、勉強しなくてはいけませんね。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。