スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほしいもの

今一番ほしいものは、熊川哲也くんの「ドンキホーテ(DVD)」だ。ここ数日、「ユーストで安いものが出ていないかなぁ」とかすかな期待をいだいて、★マゾンをのぞいてる。クリックして画面を出すたびに、bk1の毎日1ポイントプレゼントみたいな、安くなるシステムがあればいいのにと勝手な妄想をしながら最後の一押しができないでいる。新品で約7000円、ユーストでも6000円だ。1回公演を見ればそれ以上かかるとは知りつつ、DVDの画質が不安なのである。

というのも、先日どうしても井脇幸江さんの「メルセデス」が見たくて、大枚はたいて(ユーストで約5000円)東京バレエ団のDVDを買ったのに(キトリは斎藤由佳理)、その画像が素人の撮影ビデオ程度の質だったのだ。画面も小さくて本当にがっかりした。商品として売るならば、それなりの作り方をすべきだと感じた。

ところで、先日『ココ・マッカリーナのしみこむえほん』(中島京子)という絵本のエッセイと絵本の紹介を目した著作をネットで手に入れた。例えば、「毛糸玉は人生を教えてくれる」と題されたエッセイには、『セーターになりたかった毛糸玉』にまつわる思い出が書かれ、そのあとに、彼女の視点で選んだ数冊の絵本が紹介されている。エッセイも絵本の選書も悪くはないのだが、いかんせん活字が小さすぎる。エッセイの活字が2㎜四方、絵本の紹介文が1.5㎜四方の活字が使われている。残念だが、私には絵本の心が「しみこむ」のにずいぶん時間がかかった。安かったから許すけど。

この仕打ちは、「あのめがね」をそろそろ必要としている人を読者に想定していないのかと嫌味の一つも言いたくなるほどだった。また、絵本の画像もデザイン重視のためか、ひっくり返ったり、斜めになったりしている。これは、まずいだろ。オシャレなレイアウトもいいが、そのあたりの折りあいのつけ方にうさんくさいものを感じる。

活字の大きさなど気にならなかったあの頃が恋しい。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。