スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣き女に笑い男

予算委員会での「やめる、やめない」のゴタゴタは、どこかよその国のお話ならば、「バーカ」ですませられるが、なんと自分の国で、元首相や国会議員を巻きこんでのゴタゴタとなると話は別である。昨日は、「総理の態度は日本の外交政策上にも問題がある。外国からバカにされている。いつやめるのか!」とすごんでいた山本★太をテレビ中継で見ていて情けなくなった。

管総理に期待しているわけではないが、いま、頭がすげ変わったとしても、政権が交代したとしても、大きな変化は望めないだろう。あの★沢センセイの考えていることもまったく解らず(さんざん利権をむさぼっているくせに)、テレビに出て来る政治家の下品な顔を見るたびに不愉快になる。

人間性や政治家としての手腕は私には解らないが、管総理は「顔」で損をしていると思う。何を考えているのか解らない表情、「う、う」と詰まりながら話す身体性の表出は、気の毒なほど信頼感を削いでしまう。あんな表情を見せられると、到底「おまかせします」なんて気にならない。人に「どう見せるか」というのも、こんな時だからこそ大事なんじゃないかと思ったりもする。さらに、★沢センセイの「悪代官面」にどうしてあんなに人が集まってくるのか、私には解けない謎でもある(夫は、「お金でしょ」とばっさり言ったが)。

そういえば、震災当初、原子力保安院の会見でよく顔を出していた、色黒のめがね男の「にやけた笑い顔」も気になった。本人はもちろん笑っているつもりはないだろうに、どうしても、薄笑いを浮かべているとしか思えない表情で記者会見に臨んでいた。情報とは別にあんな風にしゃべられると、直観的に信用できなくなる。

かつて、泣き女が葬式をもり立てたという話を聞いたことがあるが、「無表情男」(総理)も「悪人面」(★沢)も「どや顔」(★太)も「にやけ顔」もいらん。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。