スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本のなかには(ファージョン/わしこ訳)

本のなかには

本のなかには 不思議がかくれている
ページをひらくと
新しい世界が 見しらぬ人が
ぼくの頭のなかに
いきいきと たちあがる

本を読んでいた部屋は
いつのまにか きえてしまい
気がつくと ぼくは 本のなかの子どもと遊び
かけがえのないともだちを得る

ページを進みながら
ぼくは よその国へでかけ
べつの時代に生きている
からだはここにあるけれど 心は羽ばたいている

本は魔法の箱だ
手をふれると 本の魔法がひらく
本のなかには
ぼくのだいすきなものが つまっている

★二年前、この詩の一部を「読み聞かせボランティア」の募集広告につかった。そのかけらが出てきたので、これを機会に全訳を試みた。

コメントの投稿

非公開コメント

タイトル

娘の小学校図書室に、下記の詩が飾ってあります。
墨で手書きしたものが額に入れられているのですが、
わしこ先生の翻訳を見て、とても似てると思いました。
この詩は、作者が誰なのか不明です。
生徒が書いたのか、先生が書いたのか、それともプロの詩人なのか。
私は4月から、小学校の図書館司書に採用されたのですが、
教育委員会の図書担当の先生が、感激したとおっしゃってました。

読書

ひとり静かに本を読んでいると
遠い昔の人や
まだ見たこともない
外国の人にも会える
一休さんとお話ができる
ハイジとも友だちになれる
悪者がにくらしくなったり
かわいそうな人を
しっかり、しっかりと
応援したり

本を読みながら
ぼくの心は
だんだんあつくなる

タイトル

コメントありがとうございます。学校司書としてご活躍の由、おめでとうございます。司書は肉体労働ですから、身体に気をつけて仕事をしてください。

基本的に同じコンセプトで書かれた「詩」ですね。私はどうしてもその「差異」に目がいってしまいます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ともちんさま:「管理者だけに表示を許可する」ボックスをクリックして、連絡先を教えてください。よろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。