スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の薫り

蕗を黄緑色が残るように白だしで煮た。ほんのり苦くて春の薫り。葉っぱは自家製味噌とみりん、砂糖、しょうゆで佃煮風に。この蕗の煮物は本日のPuck読書会の前菜となった。ほかには、ホタテとアスパラガスのホット・サラダとOGビーフのフィレステーキ。ホタテもアスパラガスもまだまだ小さくかわいらしい。OGビーフは初めてだったが、なかなかおいしかった。付け合わせは新じゃがのロースト。

さて、Puck もあと1章を残すばかりとなった。次回で読みあげることができるかどうかは、私の予習の進み具合にかかっている。なんとか終えたい。となると、次は何を読むのか作品を決めなくてはいけない。キプリングだったらStalky & Co.かなとも思うがかなり手強そう。

ところで、「ガルシア・マルケス」というブランドのバッグがあると知ったときもびっくりしたが、キプリングというブランドバッグもあるのだって(★マゾンのキプリングのページにリンクしているんで気がついた)。なんということか。このバッグもマルケス同様、「キプリング」など読んだことのないお嬢様方が持つのだろうか? ガルシア・マルケスだのキプリングだのどんな意図があってのネーミングなのか興味がある。日本ならばさしずめ、「康成ショルダー」か「荒俣宏トートバッグ」なんだろうか。もっと古いところで、「森鴎外」「夏目漱石」……、売れないだろうな。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。