スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌の仕込み

1年ぶりに味噌の仕込みをした。一人約10㎏分、二人でほぼ21㎏強の味噌を仕込んだ。大きな圧力釜(4.5)の調子が悪く(おそらく構造的に欠陥があると思われる)、途中、大豆のかすが詰まって大きな噴出が2回あった。慣れていないとこれには驚く。そんなわけで、3Lサイズの圧力釜二台で、大豆を茹でなければならなかったため、ずいぶん時間がかかってしまった。

しかし、朝炊いたご飯が入っていたので先発では使われずに、リリーフで登板した「ワンダーシェフ」製の3L釜がとてもよい仕事をしてくれた。圧力釜は個体差が激しく、同じ会社製のものでも、圧力のかかり具合が微妙に違うので、癖をのみこむまでが結構たいへんである。例の暴れん坊の4.5Lは、炊飯ではよい仕事をしてくれたらしい。

「読み聞かせボランティア」を終了し、9時半頃から始まった作業は、6時半に終了した。途中、大豆をつぶす作業、塩切り糀をつくる作業、味噌玉をつくる作業に韓国のりこちゃんをはじめのりこちゃんのきょうだいの力強いお手伝いをいただいた。

一昨年仕込んだ味噌は、冷夏のため発酵が思うように進まず、出来としては今ひとつであったが、一年をすぎてようやく味噌らしくなり、最近ではいかにもひなびた「田舎味噌」という風味を醸している。お味見希望の方は、どうぞ連絡ください。

ところで、ここ2年ほど「読み聞かせ」の回数が最初の頃より大幅に減ってきている、通常、月に1回、へたしたら一月半ほどあくことがある。これでは、テンションが上がらない。日常から「読み聞かせボランティア」であるという意識が希薄になり、新しいことに挑戦の気迫も萎えてしまう。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。