スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「語りの世界を楽しむ」授業

遠足大学では語り手たちの会所属のS・Tさんをお迎えして、恒例の語りの授業となった。S・Tさんを授業にお迎えすると、授業の方もゴールが見えてくる。やれやれ。

今年はとくに、「学生が楽しめるお話」をお願いした。メインは「新釈落窪物語」である。阿漕と北の方の二人の視点から、落窪姫を薬典の介と結びつけようとする北の方の策略をがなんとか逃れ、右近の少将と結ばれるというエピソードが語られた。扇を使って二人の女性を語りわける技もさることながら、声の調子やトーンにいたるまで若い阿漕と中年のしたたかな北の方がうまく語りわけられ、ストーリーラインも解りやすく楽しんで聞いた。

学生の中には「若い人の役をするときはとても若い人に見えたし、殿様や北の方の役をする時は、気のせいかもしれないが顔のしわが増えたように見えて、百面相で全然飽きなくて、Sさんの顔ばっかり見てしまいました。年齢不詳で魔女なんじゃないかと思ってしまいました」なんて感想もあった。顔の表情だけでなく、お話もしっかり楽しんでくれたと思うけど…。なんと、その後学生が三人揃って、質問ついでにSさんに直接年齢を聞いていたらしい。とても失礼。

<本日のプログラム>
はじめに
デ・ラ・メア「深く澄んだ目が二つ」
「もも売り殿さま」
「新釈落窪物語」
<インターミッション>
「あとかくしの雪」
さいごに
わしこ「語りびとの詩」

インターミッションでは、韓国のりこママと二人で、ペープサート「いちもくさん」(『ひらがなだいぼうけん』)を演じた。これも学生に楽しんでもらえたようだ。

翌金曜日は、ボランティア先の小学校で「いちもくさん」を一年生に聞いてもらった。物語の冒頭「本というのはひらきっぱなしにしておくと、もじがよなかにおしゃべりをしたり、とびだしたりするのです」というくだりで、女の子が感に堪えないように、「しらなかった」と思わずつぶやいたところが、とてもかわいらしかった。子どもたちの反応は、笑い声が聞こえたり、思わずつぶやきがもれたりして活き活きとストレートで、学生とは大きく違うことを改めて実感した。

Sさんの語りに声を出して笑ったのは、ひょっとして私と韓国のりこママだけだったかもしれない(顔の表情は緩んでいたらしいけれど)。ある学生は「笑いを噛み殺して聞いていた」とリスポンスシートに書いてきた。笑ってよ!

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。