スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YA月間

期末レポートのためにYA課題図書リスト(21冊)をつくり、未読作品を粛々と読んできたが、ようやくそれも昨日『ライオンとであった少女』(ドハーティ)を読んで終了した。厳選したつもりでも、思いがけずがっかりさせられる作品もあり、なかなかハードであった。

新刊よりもやはり読みつがれている作品、定評のある作家の作品に軍配があがったが、最近の作家では、ジョーン・バウワーに注目したい。翻訳の場合は訳者の日本語表現力がその作品の質を大きく左右することを身にしみて実感した。

好みもあるだろうが、斎藤倫子さんの日本語には好感を持っている。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。