スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏葉幸子『ミラクル・ファミリー』(短編集)を読んだ。お得意の一次元ファンタジーである。また、「語る」ことが「騙る」ことにも通じるということを見せてくれ、文句なしに楽しかった。しかし、そのタイトル故に期待した「ミミズク図書館」は残念ながら、完成度も低く今ひとつの出来だった。

角川文庫での再刊なので、巻末に井辻朱美の解説「照らされるような読書」がついているが、これが鋭く秀逸。「救われているのに『痛い』。痛いのに、あたたかく、救われている」のは、井辻さんのおっしゃる「詩」と「実話」の両方を包含しているからであり、だからこそ、読者の着地点が「そのまま新しい本の中になる」のだろう。引用はすべて「解説」から。

山本容子のカヴァーも好き。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。