スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どちらがよかったのか?

十数年来、ある言葉の源を探していた。それは、井上ひさしの著作にあったもので、本格的に子どもの文学を大学で教えはじめたころから、頭の片すみに浮かんでは消え、消えては浮かび、忘れられない言葉であった。その言葉とは、「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」というもので、その言葉の中に子どもの文学に共通するものを感じていたのだ。

気になって気になって、家にある井上ひさしの本(エッセイ)を全部読み返して、躍起になって探したこともあったが、いつも見つからず、どうしても紹介したいときには、「うろおぼえ」であること前提に学生に紹介したこともあった。『吉里吉里人』をはじめとする彼の著作には大いに楽しませてもらったが、いつの間にか、離れてしまうことになった。それは、私がほとんど「劇」というものに縁がないからで、もっぱら私の「引きこもり」に責任がある。

井上ひさしさんがあちらに行ってしまい、思いたって件の言葉をネットで探すことを思いついた。すると、テレビの特集でもその言葉は取りあげられたらしく、私の知らない後半や、別のヴァージョンの存在を知った。そして、もう一度彼の言葉として確認するために、改めて本を手に入れることにした。井上さんがいなくなってしまったおかげで、積年のもやもやが解消されたのだが、それはよかったことなのか…。合掌。

PS 私はいまでも赤ワインを飲むときには、『モッキンポット師の後始末』の一節を思いださずにはいられないし、彼の言葉に関するエッセイの何冊かは、孤独なアメリカ生活の支えになったと確信している。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。