スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語りの授業

今週の遠足大学は語り手のSTさんをゲストに迎えて、お話をたっぷり語ってもらう計画をしている。何回かのうち合わせを経て、おはなしの内容が決まった。今回は、比較的長いおはなしをいくつか語っていただくので、語り手の便宜や聴き手の気分転換を兼ねて、「詩の朗読」「わらべ唄」などを組みこもうと考えている。

そのために詩のアンソロジーなどを引っぱりだして、あれやこれやと選んでいるのであるが、これが思っていたよりもずいぶん難しい作業であることがわかった。語りにひたる気持ちにピリオドを打ち、といっても、お話へのあこがれを残しつつ、次の語りへ心の準備をさせるような「詩」などそう簡単には見つからない。

イメージは、「展覧会の絵」のプロムナードであるが、かといって、ムゾルグスキーと同じようにまったく同じものを持ってくわけにはいかない。おはなしを飾る額縁のような効果があらわれるものを模索中である。

この授業は「もぐり」OKです。興味のある方は直接私に連絡を下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。