スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議論をする事

『おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり』回収措置への「議論をすべきだった」という私見について、言葉が足りなかったような気がしはじめている。書店が議論をすべきなのは、もちろん「喫煙に反対する団体」に対してであるが、結果的には、その「議論する姿勢」が「世間」というか、我々一般人に対してアピールする事になるのである。

福音館書店が「喫煙に反対する団体」と丁寧に誠実に対応するからこそ、一般の耳目を集め、興味をほりおこしながら、問題の本質を広く深くアピールする事になるからである。そういう意味で、「議論をすべきだった」のである。今回の「回収措置」およびホームページでの公告は、よくある「ごめんなさい会見」の一種でしかない。

実は、私は昨年「議論を拒否」した経験がある。それは、私がその議論すべきだった相手を「無知で頑固で狭量」と最終的に判断したためだ。善意に見せかけた欺瞞があまりにも不愉快で自分の身体が彼女を拒否したからである。しかし、相手に理解してもらえなくても、自分の意見を丁寧に「やさしい日本語」で伝えておくべきだったと今は反省している。

次に同じような事が起こったとき(もう二度とごめんだが)、今回の教訓を踏まえて対応できるかどうか、それは解らないが、心しておこうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。