スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校図書館の改造

「学校図書館の改造」に関するDVDを立て続けに2本見た。両方ともごく短いもの(鶴岡のものは20分程度、島根のものは47分で4校収録)であるが、ポイントを突いていて、「子どもたちの来る学校図書館」とはどのようなものなのかがはっきり解るようにつくられている。

レイアウトや本の整理などといったハード面に関するリニューアルは、経験者のアドヴァイスが不可欠であり、DVDなどの視覚情報もたいへん有効であることはいうまでもない。しかし、私の興味をひいたのは、図書館改造に「誰が」関わるのかという点であった。

私が見たDVDではどの図書館も、校長を始め教師が一丸となって、棚を動かしたり、取りつけたり、本を整理していた。中には、子どもたちが本の整理に関わっている姿もあった(鶴岡市の小学校)。自分たちが身体を通して関わった図書館に興味をもつのは当然といえば当然。棚の整理をしながら、教員たちは、今まで目につかなかった本の存在に気づき、「使える本」として認識されたかもしれないし、子どもたちは、自分たちが整理し、配架した本に愛情を感じたに違いない。「本の住所」にも興味をもった事だろう。

何から何まで「おんぶにだっこ」で、だれかさんに「丸投げ」したとしても、結局、相変わらず「使われない図書館」のままではないだろうか。いちばん恩恵を受ける人が関わる事の大切さがいたいほど伝わってくる。

島根県の学校では、どんなに小さな学校(全校生徒37名)でも、専任の学校司書が配置されていて、活き活き活躍していたのも印象的だった。学校図書館は人がいて、開かれているからこそ価値がある。

そういえば、私が小学校のころ、母が「図書の整理と修理」の仕事に意欲を燃やしていた事があった。PTAの活動の一環だったのだろう。しかし、図書館そのものが「開かずの図書館」だったため、彼女の意欲も無駄に終わってしまったと記憶している(整理・修理の作業は、どうやら一時的な「行事」で翌年に持ちこされる事はなく、また、整理されたり修理されたりした本を子どもたちが手にすることなく、図書館は閉じられたままだったからだ)。残念な事であるが、多くの学校図書館に関しては、あれからほとんど進歩していないことこそもっと残念だ。

<私が見たDVDの書誌>

●柳田昭彦制作。五十嵐絹子シナリオ。『学校図書館ビフォー・アフター物語 山形県鶴岡市立藤島小学校:映像と資料、学校図書館リニューアルの実際』、日向工房。
●島根県教育委員会制作。『学校図書館大改造:教職員の協働による学校図書館の整備』。

コメントの投稿

非公開コメント

 「映像版の学校図書館ビフォー・アフター物語」をブログでご紹介、有り難うございます。映像もシナリオも素人二人で試行錯誤しながら制作しました。実際見られた方達にとってわかりやすく、本当に役に立つ内容になっているのだろうか、そればかりが心配でしたが、評価していただき、とても嬉しいです。 日本中の学校図書館が機能アップしてほしいと願っています。学校関係者の方々かに見ていただきたき、役立ててほしいです。 2010年は国民読書年。学校図書館にとっても飛躍の年になりますように。

絹子様:コメントありがとうございます。今年もご活躍でしたね。この調子で来年度も突っ走ってください。鶴岡や島根の体験があまねく理解され、実践されるように、わたしも微力ながら進んでいきたいと思います。

新しい年もどうぞよろしくお願いします。

ご無沙汰してしまい申し訳ありません。
高鷲先生のブログから五十嵐先生シナリオのDVDを早々入手しました。暮れに届いたばかりでまだ内容を見ていません。すみません。

昨年、仕事でへき地校などの学校図書室を回る機会があり町中の中学校も含めて小中7校ぐらい見学してきました。へき地校でも温度差があり、全て担当の先生次第かと感じて帰ってきました。複式学級でも選書がきちんとされ図書室が綺麗に整備されているところもありました。わしこさんがおっしゃっているように「だれが」の部分はとても感じたところです。

これからDVDを見て参考にさせていただきたいと思ってます。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。