スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館の本

ほぼ2週間に一回、わが陸の孤島にも自動車図書館が巡回してくるようになった。ありがたいことである。今週の水曜日に届いた4冊を読了。

荻原規子『RDGレッドデータガール:はじめてのお使い』、斉藤洋『ギリシア神話』2冊、井上ユリ他編『米原万里を語る』である。自動車図書館に常備されている本ではないので、すべてリクエストで取り寄せてもらったものである。PCからリクエストができるのでかなり便利である。しかし、先日は、『水神』上・下巻を同時にリクエストしたにもかかわらず、「下」が先にまわってきたため(電話で申し込まないとこういうことになるらしい。ほとんどの人が順序よく読みたいのだと思うのだが)、上巻は○マソンで購入することになってしまった。この顛末については、ここでも書いた気がする。システム的な問題なのだろうか、いずれにせよ、実際的ではない。

『レッドデータガール』はおそらく何巻にもわたる大河ファンタジーとなるであろうその1巻目のため、物語としては大きな動きはなく、物語の枠組みと登場人物の紹介に終わってしまった。2巻目は今のところY市立図書館では68人待ちなので予約はしていない。斉藤洋の再話による「ギリシア神話」も面白かった。アテナを語り手にして、神々や英雄の勇勲を語り、時々ほの見えるアテナ本音がなかなかに面白い。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。