スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語は難しい!

私のまわりにいる人は、日本語であれ外国語であれ、毎日本を読み、思索し、また、それを言語化しようとしている人がほとんどだ。その人たちとのやりとりでにおいては、今までとくに不満を感じたり、問題が生じることがなかった。疑問や問題があれば、こちらの意図をできるだけ簡潔に伝え、相手も的確に論理的に説明する努力を怠らない(不幸なコミュニケーションになったことももちろんある)。また、場合によってはそこから議論が発展する事もしばしばで、それがすこぶる楽しく、知的好奇心をくすぐり、刺激的でさらなる思索を促されることもあった。

このような事は自分にとっては日常的で自然なことだったので、ことさらその意味について考えたこともなければ、その幸福性についてふり返ることすらなかった。ところが、最近、ある日本語コミュニティとそのコミュニケーションのなかで、イライラしたり(一体どういう意味?)、誤解が生じたり(だから何?)、不快になったり(表現が不適切!)、挙げ句の果ては胃のあたりがしくしく痛んだりするということが続いたために、今までの、というか私がベースとしている日本語世界がいかに、論理的で(夫からは、私の言説が非論理的だという指摘を受けることは当然あるが)、明晰で簡潔でしかも内容豊かな世界であることを思い知らされた。

同じ日本語を話したり、書いたりしているのに「話が通じない」「意味不明」な状況が起きるのである。時間をかけて議論した内容が、私にとっては「やおい」で「いみふ」なのだが、どうも、それでOKとする人種もいるらしいことに今さらながら気づいた。こんな世界があったのかというのは、新鮮な驚きであるが、ストレスフルである。絵本だけ読んでいても、日本語表現力や理解力は深まらないのだということをますます実感している。

コメントの投稿

非公開コメント

打ち合わせと雑談

単なる雑談(これも楽しく、人間社会では必要)と、あるテーマについて活動上の打ち合わせは
しばしば交じり合うものではありますが、
雑談モードのままでは話が進まない!のですよね。
要点を見極めて、決定し、それに添って行動したいものです。
必要に応じて軌道修正しつつ、せっかくディスカッションしたことは形にしたいと願います。
おしゃべりしていることが、がんばっている、
活動しているというのは勘違いだと思います。
そういう種類の雑談は、後が虚しい。。。

おしゃべり

無駄話を全くしないといっては嘘になりますが、不毛な話で大切な時間を過ごしたくないと心から思います。ある場所での話なのですが、いつもその二人は、食事をしながら、NHKの朝のドラマの話および芸能系の話題に徹しております。よく続くなぁと感心している次第。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。