桐野夏生の…

桐野夏生の『グロテスク(上)』を読みはじめたのだが、読んでいるうちに、不快感が増してきて挫折の予感。「ここまで書くか」という気がするが、かすかに既視感を感じる世界だ。フィクションとして感じるのか、実生活での既視感なのだろうか。口直しが欲しい。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー