スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”言語力”があぶない

昨日放送されたNHK「クロ-ズアップ現代:”言語力”があぶない」を見た。30分の番組に多くを期待することは無理だと思うのだが、「読書」についてはほとんど触れられていないことに不満を持った(「全く触れられていなかった」と書きたいところだが聞き逃したかもしれないので)。

ある専門学校での模擬面接で、「盛岡はどんな町ですか」という質問に答えられなかった若者を例にあげて、とくに現在の若者の表現力の貧しさを検証し、その原因を「子どものころの言語体験」(大津慶応大学教授)や、ケータイメール等の影響による「話し言葉の貧しさ」にあるとしていた。この分析に対して異を唱えるつもりはないが、やはり、ここでは読書量の低下について言及して欲しかった。読書の効用を語彙獲得に限定したとしても、「活字」から得られるものの方が、日常的な話し言葉よりも断然多いのは明らかである。

「子ども時代の言語体験の貧しさ」については、日々その実態を目にしている。私が耳にする養育者から幼い子どもへの言葉かけのほとんどは、指示、禁止、命令といったアップトゥダウンの言葉である。でなければ、ベビーカーを押している養育者(ほとんどが母親と見られる)は、ケータイメールに夢中で、言葉かけなどしていない(しかし、ベビーカーは子どもと養育者のコミュニケーションを断絶するようにできている。ベビーカーの屋根のおかげで養育者も子どもも目線すら交わせないのだから)。したがって、そんな子どもたちが大きくなっても「一次的話し言葉」の世界から、次の段階へ進むことや、「言葉」を使って人間関係を構築することが困難なのは目に見えている。子どもたちだけではない、おとなの使う言葉だって貧しく疲弊していると感じることが多い。どこかに、日本語表現のあまりの曖昧さで意味が通じず、神経性の十二指腸潰瘍になった人がいるらしい。

閑話休題。

スタジオゲストの鳥飼久美子の「言葉はツールではなく思想であり、人間そのものである」という最後の発言には大きくうなずいたが、「だからどうすべき」なのかは、これから議論されるべきものとして、結局、この番組は問題提起としてつくられただけであったようだ。価値を認めないわけではないが、期待していただけに、がっかりだった。

しかし、「機械を通した言葉」を四六時中垂れながしているテレビには、言語力の危機への責任はないのだろうか? NHKが、もし、「言語力の危機」に本格的に取り組むのであれば、まず、テレビの幼い子どもに対する影響につて真摯に考えるべきであろうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。