スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫力の低下か

免疫力の低下なのか、虫歯でもないのに歯が痛くて、ご飯が食べられない。歯茎に炎症ができたのである。昨日の夕ご飯は、カカオ72%、オレンジ味のチョコレートで凌いだ。抗生物質と痛み止めも飲んでいるが、薬が切れると痛くて、寝ていても起きてしまう。

ちょっとややこしい英語などは読む気にもなれない。今週は、久しぶりにサトクリフの読書会があるというのに…、集中力が持たないのだ。悲しい。というわけで、明け方、痛みで目覚めたので、薬を飲んで、石田衣良の『5年3組リョウタ組』を読みはじめた。この本も夫からまわってきたものである。先日、仕事で出かけた東村山の「ブック・オフ」で見つけてきたものの1冊らしい。

ここ2年ほど石田衣良氏をTVで見かけるようになってから、敬遠していたのであるが、小学校を舞台にしたこの作品は読みごたえがありそうだ。2008年版『坊ちゃん』ということで、注目を集めたらしい。帯には、「教師だって、男子なのだ」とあるが、わかる。

新訳で『そばかすの少年』(光文社文庫、これも夫から)をひさびさに再読。かなり読みやすい訳になっているが、村岡花子さんの古風な訳文も捨てがたいなとしみじみ思う。鳥のおばさん(新訳では「バードレディ」)は、エンジェルにもそばかすにも「きみ」と呼びかけて、非常に活動的な女性で、それはそれで多分正しいとは思うのであるが、現代的にすぎて、昔からの読者には違和感を持たせるかも知れない。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。