スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラウラ・ガジェゴ・ガルシア『漂白の王の伝説』を読む(ネタバレあり)

キンダ国の王子、ワリードは全ての面において申し分なく王子としての品格を備えた男であった。また、彼には「カスィーダ(長詩)」をつくる才能もあった。ところが、王子主催のカスィーダのコンクールを征したのは、ワリードではなく貧しい絨毯職人のハンマードであった。とうとうハンマードが3回目の優勝者となったとき、ワリードは、彼を古文書係に任命し、自分の監視下におき、幽閉しようと考えた。

王子の嫉妬と怒りで、ハンマードが古文書室の膨大な資料を全て整理し、さらに「人類の歴史を全て織りこんだ絨毯」ができたときまで、彼は解放されない。しかし長い時間をかけてついに、ハンマードは古文書を整理したばかりか、王子が命令した「人類の歴史すべてを織りこんだ」絨毯さえも完成させる。ところが、それはハンマードの命を奪うことにもなったのである。

この作品は、一人の人間を破滅させたワリードの贖いの旅の物語である。「漂白の王」と名乗ったワリードが、自分の運命に従い「おとしまえ」をつけるために、失われた絨毯を求めて砂漠を放浪する旅が描かれてゆく。

キンダ王国の王子ワリーダにはモデルがあり、作品には、実際に前イスラム時代の詩人たちの詩句も使われ、事実にもとづく要素とフィクションの要素がごく自然に絡みあって物語られるが、ファンタジーだという。しかし、この『漂白の王の伝説』は、私にとっての「他者」であるアラビア半島を舞台にしているせいか、ファンタジーとも思えず、物語世界全体が実在感を持って迫ってくる。

スペイン人作家のジョアン・マヌエル・ジズベルトが『イスカンダルと伝説の庭園』という作品で、やはりアラビアを舞台にした作品を書いているが、訳者の「あとがき」を読むと、「なぜ、アラビアか」というあたりの事について触れられていて興味深い。


コメントの投稿

非公開コメント

わくわくするお話ですね。

アラビアというのも自分の思考経路の範疇にない人間模様がありそうで。

面白かった!

ぱたぽん様:コメントありがとうございます。『漂白の王の伝説』面白かったです。是非、時間を見つけてお読みください。どうやら、文体が英語を書く人のものとは違うように思われます。文章に昔話の香りが残っているとでも言えばよいのでしょうか? 『イスカンダル…』をよんだときにも感じたのですが、こんなにも濃密な世界をこんなにあっさり表現してしまっていいの? という驚きです。 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。