スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮定法過去完了

英語の授業で「仮定法過去完了」が出てきた。もちろん、大学生様であるからして、高校時代の「英文法」で学習済の内容ではある。しかし、直説法とは違い、仮定法では「時制」がずれることがなかなか理解されにくいのである。

「過去(すでに起きてしまったこと)とは違うことを想定して文を作る」時には「仮定法過去完了」を使うのだと、じっくりと説明した。というわけで、仮定法過去完了を使った英作文を2つ作ってくることが宿題となった。

「うーん」と考えていた学生が、きらりと目を輝かし、「A総理が<未曾有:みぞう>を<みぞゆう>と読まなければ、あんなに人気が落ちることはなかったのに」という時に「仮定法過去完了」を使うべきなのかと聞いてきた。まさに、その通り!! 例の人は、<怪我:けが>を<かいが>とも読んだとか。一国の総理の言動がこんなふうにして揶揄されるのは、何とも情けないが、教材としてはとてもすばらしいものを提供してくれたものである。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。