スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み聞かせ学習会(第2回)

小学校のボランティアを対象にした読み聞かせ学習会の2回目に講師として参加した。今回のテーマは「昔話の残酷性」についてである。まず、昔話の残酷性を3つの側面から説明し、つぎに、昔話に現れる残酷な場面がどのように使われているのかを紹介した。例えば、「七羽のカラス」で描かかれている少女が小指を切って鍵に使う場面と「ガチョウ番の娘」の罰の残酷さは、その内容も意味合いも異なっているということ、また、「ネズの木の話」と「三びきのコブタ」、あるいは「かちかち山」についてもそれぞれのお話の意味を踏まえた上で残酷性を考えるべきであるということを話した。

さらに、「天とうさん金の鎖」のお話を一年以上にわたってせがんだ男の子のエピソードを紹介し、現代における「昔話の残酷性の意義」について、子どもと自然にからめてお話しした。

ワークショップは元アナウンサーのSさんの協力を得て、「馬方山姥」の朗読を教わった。もう少し時間がほしかったが、さすが現役、みなさんとてもお上手だった。ただし、「馬方山姥」は声を選ぶ作品であることが実感させられた。かわいい山姥が3人ほどいたのはご愛敬。唯一の男性の語りには思わずみなから拍手がでた。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。