スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式にON参加

E=ラーニング大学の卒業式に自宅からオンで参加した(40分)。もちろん卒業生を祝福するために参加したのであるが、新学長の「祝辞」(式辞)を聞きたかったのも大きな理由である。何しろ、3月に開催された前回の卒業式(オフ参加)の学長代行の祝辞があまりにもひどく(哲学者であるはずなのに、全く内容のない祝辞であった。多分このブログのどこかで愚痴っていることだろう)、大学としての知性をさえ疑わせるものだったからだ。

新学長の祝辞は、簡潔、明晰でかつ深い意味をわたしたちに差しだしてくれるものであった。学生たちへのはなむけの言葉として選ばれた「教学相長」(学ビテ然ル後ニ足ラザルヲ知リ、教エテ然ル後ニ困(くる)シムヲ知ル 故ニ曰ク、教学相長ズルナリト:『礼記』)は、まさに開学浅いこの大学の歴史であり、学生ばかりでなく、教師たちにも共通した思いであったことであろう。この学長ならば信頼してついゆくぞと、うれしい気持ちになった。といっても、非常勤の身ですけどね。

ところで、さらに学生たちにはサプライズがあって、彼らが在学中に提出したすべてのレポートを、一冊にまとめて、『教学相長の記』として一人一人に手渡されたことである。「学び」の成果がぎっしりつまっている、世界に一冊だけの『教学相長の記』である。この『記』がために、ネット上にしか存在しない(もちろんキャンパスもありますけど)大学がリアルな存在であったことの証明ともなる。

かつて、アメリカの大学が「入るのはやさしいが卒業するのが困難」といわれたことがあるが(いまも? か。宇多田ヒカルのことが思いだされる)、この大学も通信制というシステムからだけではなく、「卒業するのが困難な大学」である。それは、自ら主体的に学ばなければ、科目修得が困難だからである。心から学びたいと思い、学びを必要としている人こそがその困難を克服できるのであると、しみじみ思う。通信制だから「大卒資格」「司書資格」を簡単に取れるだろうと思って入学してくる人は、どこかで意識変革をしなくては卒業は困難だ。でも、がんばる人にはそれだけの報いが必ず手に入る大学だと思っている。

ところで、『教学相長の記』について、ひょんなことから理事長がブログに書きこんでいることを発見した。人にはそれぞれ価値観があるだろうから(これは夫が私をたしなめるときの口癖)、「そうだな」って受けとめておけばいいのだろうが、彼のブログに書かれていることを見ると、『記』を作ることの意味が全然わかっていないように思われ、情けない。

<今回は秋の卒業生なので、人数も少なく、手作業を交えて作成したが、今後、卒業生が増えてくればシステム化を考えないと大変になる。最近はブログを本にして出版するのが流行している、同じような仕組みで本にできないか検討する必要がある。>

思わず脱力してしまったわしこである。確かに、「大変になる」だろうけど、その前に言うべきことはないのかと思ってしまう。おいおい、大丈夫か、この大学。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。