スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習会で考えた

読み聞かせボランティアのための学習会(全3回予定)の1回目が終了した。今回は、近隣の小学校のボランティアのみなさんにもお声かけをしたので、立ち上げの時に教えを受けた先輩ボランティさんたちにもおいで頂くことができた。もちろん、私は初対面である。にもかかわらず、「ブログ楽しく読ませてもらってます」とご挨拶を頂きびっくりした。ブログの存在は、ボランティア仲間にもあえて宣伝することはしていないし、ニックネームでやっているのに何でばれているんだろう…?

今回の学習会を貫くテーマは「昔話」で、初回は、「昔話とは何か?」「昔話の様式的特徴」「昔話が伝えるメッセージ」の3点を軸にお話しさせていただいた。途中、「馬方山姥」「星の銀貨」『三びきのやぎのがらがらどん』の朗読、読み聞かせも交えながらのお話となった(予定外に「目の養生」「馬の尻に札」も紹介した。練習していないものを聴いていただいたことがちょっぴり残念)。「馬方山姥」と「星の銀貨」は、読み聞かせメンバーのかたにお願いした。ありがたいことに、出席されたみなさんには、まず「お話」を楽しんでいただけたと思う。

しかし、「馬方山姥」も『三びきのやぎのがらがらどん』も「淡々とした語り」とは対極にあったので、「淡々と語らなくていいのか?」「語りとはどのようなものか?」「語りと朗読はどう違うのか?」という疑問が提示され、議論が交換され、意見が述べられた。

「淡々とした語り」とはどのようなものなのか。この言葉は、多くの語り手や読み聞かせボランティアのくびきになっているように思われ、私見を述べれば、この言葉によって多くの「語り」が面白さを失っているような気がするのである。「淡々と」や「抑制して」や「劇的になってはいけない」がまかり通り、多くの人に疑問を抱かせ、その言葉が呪縛となり、お話が萎縮しているような気がしてならない。 すべての語りが「淡々と」語られるべきなのだろうか? 

お話によって語り方は異なるというのが、当然前提としてあるべきである。今回の例でいえば、「星の銀貨」は、他の二つに比べたら「淡々と」語られただろうし、それで良かったと思う。だからといって、「星の銀貨」の印象が薄かったとはいえない。少女の神への信頼と無私の心は、語り手の感情が抑制されたからこそ聴き手に伝わったのだと思う。

「淡々」を『広辞苑』でひくと「①あっさりしたさま。執着のないさま。淡白なさま。②水の静かに動くさま。」とある。「語り」に「淡々と」が使われるときには、①の意味で使われるだろう。ついでに、『新明解国語辞典』の定義を見てみよう。「明解さん」では、「①くどい所が無く、あっさりとした様子。②気負いや構えた所が全く見られず、自然で落ちついた態度である様子」とある。お話は、「気負うことなく構えることなく落ちついて」語るべきだろうが、「どう」語るかとなると、話はまた違うのではないか。

「あっさりと淡白に」語られるべきお話はあるが、『三びきのやぎのがらがらどん』は「淡白に語られるべき作品」なのだろうか? 山姥は怖くなくていいのか? いたずらに怖がらせる必要はないが、怖くない山姥なんか面白くない。「食べられた山姥」(「三枚のお札」類話)の山姥は、恐ろしいが故に、最後の結末がほろりと苦い。

こんなふうに考えてくると、もともとは、「語る」姿勢に使われていた言葉が、「語り」の質に言及しているんだとどこかで誤解されて、「淡々と」という言葉が使われているような気もしてきた。「淡々と」も「劇的に」も、語り手がお話を正確に丁寧に解釈したところから生まれるはずであり、解釈やイメージをどう言語化するのかという訓練を伴って初めて可能になることだろう。さらに、「心」がともなわない「語り」などあるはずはないんだが。 

コメントの投稿

非公開コメント

今朝『がらがらどん』を5年生に読みましたが、それぞれのやぎらしく、トロルはトロルらしく存在を生かして読むと「劇的」になります。それでこそ、無関心に見える子どもも耳を傾けてくれるし、こちらも楽しい!どちらかと言うとわたしは「淡々」タイプの読み手なのですが、『くわずにょうぼう』の鬼ばばの「くってやる!!」で自分の目が鬼ばば化する時、殻を破ったような爽快感がありますよ~ 怒っても許されるところというか(笑)校長先生がご覧になっているのに気づかず恐縮しましたが、真剣に選書し心をこめて読んでいることを分かっていただけたと思います。

語るということ

saelaeinさま:「自分の目が鬼ばば化する時、殻を破ったような爽快感がありますよ」というご意見には大いに納得できます。私が「やまんば」好きなのも、この「殻を破った爽快感」と関係があるかもしれません。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。