スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り込め詐欺

一時下火になっていた、振り込め詐欺がさらに進化し、復活しているという話を聞いた。親の気持ちにつけ込んでくるやり方はほんとにきたないと思うが、なぜ、簡単に「コロリ」とひっかかってしまうんだろうと、それも疑問だった。要求される金額だって半端じゃないらしいし…。

うちにも来ないかな、来たら、いろいろ聞き出して犯人逮捕に協力するぞと心密かに闘志を燃やしているのだが、やっぱ、そのへんの情報収集力は優れていると見えて、子どものいない我が家には、残念ながら、振り込め「鷺」さんはやってこない。

昔、詐欺まがいの「商法」に引っかかりそうになったが、残念ね、電話を取ったのが私で。私は、きちんと話を聞いた上で、「うちの夫はそのようなことはしない」「証拠のテープが残っているなら聞かせててほしい」と追求したら、捨ゼリフをはいて電話は切られた。さすがに気になったので、すぐに消費者センターのようなところへ電話で相談した。センターでは、「まず、大丈夫だろう」といわれたが(よくあるらしい)、万全を記すために、「配達証明つきの手紙」を出すことを教えてもらった。すぐ手紙を出したが、その後、重ねて脅されることはなかった。しかし、あの気分の悪さは長いこと続いた。電話嫌いをさらに促進した出来事だった。

閑話休題

これって、やはり親子関係が希薄になっているところにつけ込まれているんだろうな。「まさか、うちの子がそんなことはしない」「何かの間違い」と咄嗟に出てこないことが悲しい。また、何とかして子ども(て言ったって、けっこうおとなだったりする)の力になりたい、子どもの力にならなくてはと親の世代の方が思いこんでいる。子どものためになら借金をしてまで「お金」を用意する親の心性がつけ込まれている。そういう親の存在は、ありがたいが、そこだけで親子関係が結ばれているのも悲しい。わが子の名前を名乗られたら、信じてしまうものだろうか?

きちんとした信頼関係ができている親子ならば、いくら自分の子であると名乗っても、「しっかりしろ!」と活を入れて、冷静な対応を考えることができるのではないかと考える私は、甘いのか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。