スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語づくり

試験の課題の一つに、「物語の創作」を出題した。『ハリス・バーディックの謎』の任意のページを選んで、そこから触発されて物語を書くというものである。かなり多くの学生がこの課題に興味を示し、実際に提出されたものも、他の二つの課題(絵本のわかちあい体験を書く、昔話の分析、解釈)より多かった。

「物語づくりはむずかしいよ」と釘を刺してもいたのだが、恐れていたことが現実となってちょっとがっかりしている。物語づくりは、「楽しそうで」「楽そうな」課題に思えたのかもしれないが、とてもたいへんであるということが彼らにはわかっていなかったようだ。

提出された作品ほとんどがつまらないのである。「読めない」物語や「物語として成立していない」話ばかりであった。中には、きらり光る作品もあったが、それは砂漠でなくした指輪を見つけるのに等しい。

読ませるおもしろい作品はそれぞれが個性的であるのに比して、駄目な作品には、共通する点が多くあったのも興味深いことであった。まず、ほとんどの作品の書き出しが同じであった。つまりこんな具合に始まっているのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あるところに、わしこちゃんという名前の女の子がいました。わしこちゃんは、小学校3年生で、○○が大好きでした。わしこちゃんはおとうさんとふたりで小さな家に暮らしていました。おかあさんは、わしこちゃんが小さいときびょうきでなくなっていたのです。あるとき、わしこちゃんは…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とにかく、主人公を紹介しなくては物語が始まらないかのような書き方である。「物語的必然」によって語るべき事が取捨選択できていない作品がかなりあった。物語とはおしなべて「昔話的」に始まらなければいけないと思いこんでいるかのように、「むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました」の現代版で始めている。昔話ならば、主人公の紹介が始まるとすぐに、物語は核心に向かって突き進んでゆくが、創作はそう簡単にはゆかない。何千年にわたって伝えられ洗練されてきた「昔話の形式」を安易に創作に持ちこむことの危険や、昔話の言葉は「象徴言語」であるといわれる所以についても改めて教えられた。

そのほかには、「おうち」「おへや」「おそと」「お絵かき」など名詞に「お」がつけられている例、「かわいい」「やさしい」などありきたりな言葉の多用などなど、学生がいかに「物語を書く」ことについてのコンベンションにとらわれているのかがよく解った。また、そこから彼らが「子どもの文学」について「どう」感じているのかが垣間見えた。また、日頃彼らがいかに本を読んでいないのかもよくわかる経験であった。かつて、ほとんど本を読んだことのない人が書いた作品が何かの文学賞をもらったという出来事があったことを思いだしたが、私は、物語を書くためには、自分のなかに物語を蓄積し、言葉を蓄えなければ書けないと思うのだが。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。