スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「韓国のり」vsわしこ

夫の留守に、読み聞かせでお世話になっていて同じ棟に住む方と軽く「泡」を呑もうということで、KSさんが小学校1年生のお嬢さん連れで来宅した。「料理」メインではなく、「おしゃべり」「葡萄系の泡」を楽しみたいので、「食べ物」は冷蔵庫のなかにあるものを使って「煮豚/野菜」「揚げなすのオニオンソース」「セロリ佃煮風」などを用意した。

私たちがおしゃべりをしている間、1年生のお嬢さんは、おとなしく本棚から絵本を出しては、黙々と読み、そして本棚に戻し、また絵本を選び、ということを繰り返していた。ときどき、私か彼女が絵本を声に出して読んだりしたが、それ以外はほんとうに「もくもく」と絵本を楽しんでいたようだ。とても恥ずかしがり屋で、私の質問にもほとんど声を出してこたえることをしないのである。ちょっと、燃えるわしこである。

というわけで、あとでお母さんから聞いた彼女の語録。

○○が本をどうやって選ぶかっていうとね、本の方から、「おもしろいよ」って頭に言ってくるの。脳味噌にだね。頭骸骨っていうか。『(3びきのやぎの)がらがらどん』の読み聞かせが怖かった。いっちばんおいしかったのは、韓国のりだね。

「韓国のり」に負けたわしこである。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。