スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レバーペースト」自画自賛

すっかり忘れていたのだが、きっとどこかで自慢げに話したのだろう、去年のゼミ生が「レバーペースト」のレシピを下さいといってきた(お母さまがご所望されたらしい)。了解したものの、レシピ帳には「レバーペースト」はなかった。ということは、適当に作っているのだ。そういえば、最近作っていない事も思いだし、「レシピ」を確認しながら作ることにした。

電動のフードプロセサーをもっていないので、手動でやらなくてはいけないのがちょっときつかったが(手動1回転につき、9回転する仕組みの「ミンサー」、980円なり)、それでも、約500㌘の鶏レバーで、ジャムの瓶で2つぶんできた。なかなかの出来で、「やっぱワインでしょ!」ということで、ワインを開けた。「泡」を含めて、アレは解禁したのだが、ちょっと調子に乗って飲んでいるので、やはり、体重にきた。医者からは、早速「減量」を言い渡される。

おいしくできると、人に自慢したくなるのが悪いくせで、最近「読み聞かせ」関連で親しくなった同じ棟に住んでいるKさんにお裾分けした(件の学生に渡すつもりだったのだが、なんと、木曜日はいつもいっしょに帰るH先生が休講で、出校していなかったのである。残念!)。さらに、サトクリフ原書読書会の「ランチ」のときに、クラッカーとともにお出しした。とても褒めてくださった(が、「まずい」とはいえないだろう)。ついでに、先日いただいた「文旦」のようなミカンで作った「マーマレード」もどきもご試食いただく。こちらも意外に評判がよく(夫からは、人に差しあげられるような出来ではないといわれたし、わたしもそう思った)、すこしお持ち帰りいただくことになった。

というわけで、「レバーペースト」のレシピを心覚えに書いておく。

<絶品レバーペースト>
材料…鶏レバー(新鮮なもの)500㌘、ニンニク 1かけ(好きな人は多めに)、タマネギ大 半個、ローリエ、塩、こしょう、ワイン(赤、白)、オリーブオイル。ほかにセロリ、パセリなどお好みに。

●鶏レバーは、下処理をして、洗って水気を切り、白ワインを振りかけておく。その間に野菜をみじん切りにする。
●鍋にオイルをひき、ニンニク、タマネギをいため、透きとおってきたらレバーを入れ火を通す。途中、赤ワイン、塩、こしょう、ロリエで味をつける。塩の量は好みだが、小さじ1杯を目安にする(塩は少しきつめの方がおいしいかも)。ここで使う塩は、クレイジーソルトのようなハーブ系のものでもおいしい。また、味見を忘れずに)。
●レバーに火が通ったら(9割程度にとどめ、後は余熱で)、放置し、あら熱を取る。その後、ペースト状にする。ここでバターを混ぜて柔らかさを調節する方法もあるが、我が家ではバターを使わないので、代わりに「オリーブオイルペースト」を混ぜても可。

こんな簡単なのに、こんなにおいしくていいの? と私は作るたびに感動する。すまん。またもや自画自賛である。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。