スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み聞かせ学習会

水曜日に読み聞かせ学習会の第1回目を終えた。読書の意義、言語習得の過程、物語体験、選書について、「読み聞かせボランティア」としてどう関わるべきかを軸に据えてお話しさせていただき、20名近くのボランティアが出席した。まったくの講義ではなく、ときどきはみなさんの体験や意見をうかがったので、退屈するということもなく最後まで集中が途切れず熱心に聴いていただけたようだ。

概論を終えたところで、『かいじゅうたちのいるところ』を分析して、絵本の「読み」の一例を紹介すると、「深い!」「そこまで気づかなかった!」という感想が「思わず」という感じで発せられ、私の方は、複雑な思いを抱いたが、最終的には「そこまで」の深みに到達したいものだと改めて感じた。参加してくださったみなさんは、それぞれに絵本に対する愛着はあるものの、実は、子どもの本についてはまだまだ学ぶべきところはたくさんあると、謙虚なまでに意識されており、それがときどき、選書や読み方に対する「不安感」を誘い出すことにもなるようだ。

例えば、「感情をこめて読むな」とか「××という絵本はよくない」などと学習会などで聞いてきたりすると、立ち止まってしまうのである。絵本を読むときに「感情をこめて読むな」なんてことはあり得ないはずなのに、「感情をこめるな」と指導されることもあるようだ。おそらく、そのように指導する講師は、自分が聞いてきたことを検証もせずに、「伝言ゲーム」のように伝えているのではないかと思われる。

感情やニュアンスや読み手の「解釈」がこめられていない「絵本読み」や「語り」では、聞いている人を物語の世界に誘うことなど不可能に近いだろう。感情表現が大げさになったり、聴衆に媚びるという意味で、「感情をこめるな」という言葉を使っているのだとしたら、これもまた正確さを欠いた不見識な表現であるといわざるを得ない。また、「××はダメ」と批判された絵本には、『はじめてのおつかい』などが入るそうである。先日は、『ぐりとぐら』もありという話も伺ったところである。

多くの小学校に「読み聞かせボランティア」が出没(!)し、それに伴って「読み聞かせ講師」なるものが雨後の竹の子のように存在しているらしい。どうやら、なかには「眉唾」ものの講師もいるらしく、「××は子どもに受ける」「困ったときは昔話」レベルのお話ししかしない(できない?)人も大手を振ってまかり通っているらしい。困ったもんだ。

無知なうえに学習意欲のないボランティアも困るが、自分に力があるためか自信満々でボランティアの領域を逸脱しているボランティアもいるらしい。例えば、学校司書のいない小学校で「利用指導」の授業に関わってしまう例などは、明らかにボランティアの範囲を超えていると思う。たとえ、ボランティアが資格を持って、経験豊富で、どんなに優秀であったとしても、学校司書や司書教諭がすべき仕事にまで手を出すべきではない。「学校教育」の核となるべき仕事は、きちんと税金で賄い、職員として責任ある立場で携わるべきであるとことを、学校だけでなく、ボランティア自身も肝に銘じておくべきだと思う。

ところで、9時30分に始まった学習会は、途中、休憩を挟んで、12時45分に終了した。最後の40分は、朝暘第一小学校のビデオを視聴した。同小の「生きている図書館」の姿には、みなさんから一様に感嘆のため息が漏れた。6月11日に予定されている2回目の学習会では、ワークショップを含めた実践的な内容で、スキルアップをめざしたい。

コメントの投稿

非公開コメント

先日は・・

先日、先生の前でつたないお話をしてしまった「さい」でございます。
今思い出しても恥ずかしゅうございます。。。

お話をしていた時、メンバーの方に選書という言葉がでてきたのがとても新鮮に思えたのですが、先生のお話の効果ですね。

みなさん、スキルアップしてくださるととても嬉しいです。

それにしても、ああ、なんと恥ずかしいものを。。。
失礼いたしました・・・。。。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。