スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発声が…

とくに授業で絵本を読んだり、語り(まがい)をするときには、たいてい滑舌のために簡単な発声練習をすることにしている。最近では、朗読教室で教わった「外郎売り」や「50音乱れ打ち」(わしこ語)もその発声練習に加わった。このように、授業前(とくに講義授業)少しでも声を出して練習しておくと、本番での授業がなかなかスムースに声が出ることがわかってから、それは大切な習慣になっている。

しかし、さすがに「喉」に不安があった昨日は、発声練習なしで出かけて、ぶっつけ本番で授業に臨んだ。そうしたら案の定、滑舌は悪いし(「とーんとんとんでもない、ぼくのあごひげにかけてもいれてやらないよ」でつまってしまったのである)、「イグサの娘」では、普通以上に噛んでしまった。おまけに、最後の「米福粟福」「猿婿」ではマイクを使うしまつ。反省。

きょうもこれから小学校の「絵本読みボランティア」に出かける。声にも不安があり、練習不足でもあるが、「お茶」でうがいをして、何とがつとめてきたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。