スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「読み聞かせ」顛末記

地元の小学校へボランティアとして「読み聞かせ」に出かけた。「読み聞かせ」ということばには、とても抵抗感を覚えるのだが(授業などでは「(絵本の)わかちあい」という表現を使っている)、このことばが人口に膾炙しているので、ここでは、とりあえず「読み聞かせ」を使う。

たった15分弱の時間なので導入をどうするか悩み、経験豊富な友人や知人の意見を聞いたり、相談したりしたのだが、けっきょくは、「雰囲気で決める」ことにした。つまり、クラスの雰囲気が「お話モード」に入っていれば、そのままメインの『ありがたいこってす』からはじめることにするという方法をとることにしたのである。

余裕を持って少し早めに教室に行ったら、まだ、準備もできておらず、担任の連絡不備で「読み聞かせ」があるということも伝わっていなかった。近くにいた子どもたちに、あいさつをして、読み聞かせに来たものだと説明し、机と椅子を動かしてもらった。そんな状況だったので、まず「やすべいじじい」を歌いながら(?)、絵本をわかちあう心の準備をした。やはり6年生というべきか、見知らぬ「おばさん」(おねえさんでは図々しいね)に、突然「歌って」といわれても抵抗があようだったが、それでも2回目になると声を出してくれる子どもたちもいた。

そのあと、6年生でも導入にはよいかもとアドヴァイスをいただいた『うえきばちです』を読んだ。絵も遠目がきいて見やすいし、いい意味で彼らの期待を裏切る絵本であったことだろう。しかし、私も子どもたちも少々緊張気味であったが、最後には「ふわっ」と笑いがおきた。「[絵が]こわい」というつぶやきも聞こえた。その後、『ありがたいこってす』を読んだ。子どもたちはじっと聴きいってくれていたのであるが、こちらも張りつめていて彼らの反応をしっかり捉えることはできなかったのは、反省点である。担任の先生も子どもたちといっしょになってきいていてくださったのであるが、最後に日直さんに感想をいわせていたのは、少々残念であった。「先生はいかがでしたか?」と先生自身の感想もうかがったのであるが、彼女は自分の感想は述べず、「『うえきばちです』のほうが子どもにうけましたね。でも、外国の物語はあまり聞くことがないので毛色が変わってよかったです」というようなことをおっしゃった。

できれば同じクラスに継続して入りたいのだが、この小学校のボランティアの方針は、「できるだけたくさんのクラスに入る」というものだそうで、このクラスを再び訪れることは難しいようだ。残念。STさんに手伝っもらってまでして絵を描いた「へんなひとかぞえうた」は、今回は泣く泣く見送った。

ところで、「自分の好きな本を読まなきゃ意味がない」とのたまったおばさんは、「アメニモマケズ」を朗読したそうである。ふーん。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。